NEWS

自画像を描いてもらう

25歳の時、4年間勤めたデザイン会社を辞めました。

初めて勤めた会社、ものすごく厳しかったです。

社長が週刊AERAのアートディレクターをされていたせいか(今もされているようです)、一流雑誌をたくさん受けていた会社でした。
一人5~10媒体持つのは当たり前、さらには週刊誌などもあり、スケジュールがとにかくタイトでした。

2.3日の徹夜、寝泊まりなんて朝飯前。
早朝、スポーツジムまでよくお風呂を入りに行きました。

毎日終電近くまで働き、たまに22時に上がれると飛び上がって喜び、飲みに行っていました。

当時うら若き乙女だった私。
忙しさによるすれ違いで、付き合っていた彼にもフラれ、その間の青春はほぼありませんでした 泣

さらに、とにかーーーくよく怒られ、たくさん泣きました。
ヒートアップすると、本などが飛んできました 泣

自尊心など無に等しく、全てがボロボロでした。

まさに仕事が人生そのものでした。
.
.
.
.
そんな中での退職!!!!

もう、辞めた次の日の朝は、全てがバラ色で光り輝いていました!!!

「おはよう、小鳥たち!」

と、部屋に降り注ぐ朝日の日差しと、完全なる自由を全身で浴びる、うら若き乙女。

同時に無職 笑
残っていたお金は、退職金30万円のみ。

さて、これからどうしようか。

そこで、まず最初に思いついたのが、絵を描いてもらうことでした。

私の人生において、間違いなくターニングポイントの時期。
そのとても大事な転換期の自分を、しっかりと忘れずに収めておこうと。

高校時代、アトリエに通っており、そこからずっと仲の良い先生がいるのですが。
ものすごく素敵な絵を描かれていらっしゃる画家でもあり、ルネサンス期の絵画が大変お好きな方です。

先生の絵はこのような感じ。(トップ画面の子供の絵もそうです)。
超絶お上手です!!!
好きな画家はティツィアーノ。

お金を握りしめてアトリエに向かいました。

描いてもらった絵はこちらの2点。

右は、当時大好きだった渋谷にあるカフェ、「人間関係」に座っている自分。

左は、双子である姉と一緒にアトリエで。(私、双子なのです。)

一枚3万円、計6万円でした。

あとは、パソコンとプリンターを買って、その30万円は吹っ飛びました。

それから私は、27歳の時に本格的なフリーランスのデザイナーになっていくのです。

ありがたいことに、お仕事をたくさんいただきました。
お金もたくさん貯まりました。

この絵にたくさん励まされました。
まさに25歳以降の人生から、苦楽を共にした仲。
今はこうやって、ジュエリーコーナーに大事に飾ってあります。

そして、32歳の時に結婚をして、子供を二人産むのですが、、、
これまた子育ての大変さを目の当たりにします。(詳しくは以前のコラムニュース「生き様を考える」に綴っております)

もうフラフラ。。これぞ疲れた主婦です。
時に35歳。

そこで、また先生に絵を描いてもらうことにしました。

家族4人(+飼っている2匹の猫)の何気ない日常を、というリクエストを。

こちらは、15万円でした。
リビングに大切に飾ってあり、毎日眺めています。

どちらも描いてもらって、本当に本当に良かったです!!!!!

25歳と35歳の自分に、こんな素敵なギフトを残してくれて、ありがとうを言いたい。

火事で家が焼ける、という時に持っていくものは、おそらくこの絵だな、と。

共通して言えることは、自分の人生を見失いかけた時に、描いてもらった事。

当時の心情を考えると、それぞれきっと
「頑張れ!、私のこれからの人生!!」と
自分を奮い起こすためにオーダーをしたのだなと。

写真を飾るのとはわけが違います。
アートとして、自分がずっと残って飾れる、この贅沢さ。
まさに、ルネサンス期の貴族の気持ちです。
.
.
そこで営業になってしまうのですが 笑
カモコラージュでは、オーダーを承っております。
自画像をコラージュして絵に収めます!

実際に自分がオーダーをして、心から満足がいったので、自信を持ってお勧めできます。

オーダー、良いですよ!!!

カモコラージュで、今までオーダーをしてくださったお客様、ありがたいことに皆さんとても満足してくださっています^^

個人様は3万円からお受けしています。
ご興味のある方はお気軽にご連絡ください!

近日、お受けしたオーダー作品のご紹介をしたいと思います。