NEWS

壁を塗る

一昨日からインスタのショップ機能が使えるようになりました!
一年以上できずに格闘していた身としては、心底嬉しく、この日をずっと待っていました!!!笑
.
.
インスタのショップ機能申請、ショップによって大分差があるらしく、知り合いの古書を売っているお店は2、3日で申請OKがきたり、1ヶ月くらい待ちましたという人もいたり。さらには私のように申請してもなかなか通らない人もいて(しかもその通らない直接的な理由を教えてくれないという悲惨さ 泣)ひたすら待つ、そして申請し直す、という作業を繰り返していました。

コロナの影響で、全体的にネットショップ機能を強化する傾向があり、そのおかげで申請が通りやすくなったのかなと思います。

ともあれ通って本当に嬉しいです!
.
.
さて、何の写真を載せようかと、撮った写真を見返していると、当時の撮影時の記憶が蘇ってきました。
2018年の秋ごろ、カモコラージュのパンフレットを作ろうと思い立ち、壮大なプロジェクトを計画したからです。
.
.
どこで撮影をしようかと考えたとき、色々と考えて家で撮影するのがベストだなと思いました。
持ち家だし、壁に穴をたくさん開けることを考えると、他のお洒落なお家をお借りしたり、スタジオだと厳しいです。
幸いにも元々家具や雑貨が好きなので、撮影に合うものは家に揃っていました。

ただ、問題は壁。

我が家は建売物件だったので、正直こだわりの家というわけではありません。
壁紙もスタンダードなクロスでした。

これだとパンフレットを見ていただいたお客様に、到底響かないと思いました。

そこで我が家の壁の半分を、漆喰を塗ることにしました。
場所は、玄関、廊下、階段、寝室、リビング。

業者にお願いすると数百万レベル。予算オーバーです。
塗ったことないけど、何とかして自分で塗ろうと思いました。

まずは一日かけて漆喰の勉強をしました。
漆喰にも色々な種類がありました。
東洋漆喰、西洋漆喰、色味や成分も色々です。
漆喰の他に珪藻土もあるんだなと。

そんな中で一番重要視したことは、「天然素材」かどうかです

私は、ケミカルなものがある時期から苦手になり、極力自然に近いものを、食でも着るものでも選ぶように心がけてきました。なので、添加物が入ったものは意識的に食べませんし、外食もあまりしません。
服も綿・麻・絹のものを選ぶようにしています。
(それはあくまでも自分の好みの問題でして、一種のスタイルなだけです。)

なので、漆喰も「天然素材」を第一優先に考えました。
.
.
その次は値段。

ロハスウォールさんはすごくしっかりしていました。
https://www.lohaswall.com

ただ、高い。
自分で塗るにしても、塗る面積を考えると数十万はいきます。

そこで、見つけたのがこちら。
「和楽美」という、大分県にある丸京石灰さんの商品にしました。
http://www.marukyosekkai.com/itemsyousai/item-syousai003.html

こちら、業者さん向けに販売をしている商品らしく、天然素材なのにありえない位安い!

業者の方に直接連絡して、素人でも塗れるのかどうか、率直に電話して聞きました。

そして、もう一つ聞きたい事が。

本来漆喰を塗る際に下地を塗った方が良いと、ロハスウォールさんをはじめ、漆喰業者さんははうたっていて。

そうすると手間は二倍。。。あまり几帳面ではない私は

下地なくてもいけるんじゃね?? と 笑

その事も聞いてみました。

お電話で対応してくださった担当の方はとても親切な方で、丁寧に塗り方を教えてくださいました。

そして、下地のアドバイスは

「大きな声では言えませんが、下地を塗らない方からの苦情は、今のところ来ていませんし、大丈夫だと思いますよ~~~」

と、小さな声でおっしゃってくださいました 笑

よし、Goサイン!
計10箱注文。

届いてから、さあスタートです!!
.
.
箱を開けてみると天然素材なだけあって、磯の香りがものすごく。
最初びっくりしましたが、次第に慣れました。
この匂いも面白いことに乾くと全くしなくなるのです。

まずは家族総出で壁紙剥がし大会。
子供たちもお手伝い(というか強制ですね)。

そこから、ひたすら漆喰塗り。
You Tubeで塗り方の知識を詰め込みました。
そして、面白いことに塗っていくとどんどん慣れていくのです。
人間というのは、有能な能力が備わっているのだあと、改めて実感。

さて、実際に漆喰を塗ってみて思ったのが

【ペンキと違って力がいる!!】
漆喰って思った以上に重いです。それを壁に塗るわけですから、力が必要。

【その人の個性が出る!!】
出来栄えに性格が出ます!!几帳面の人と大雑把な人では全然違う。個人的な意見ですが、漆喰塗りはある程度大雑把な人の方が向いているのかなあと思ったり。

【「塗る」というより、「壁を作る」感じ!!】
使っている漆喰にもよると思いますが。天然素材なだけ、足で踏みまくり、ものすごく混ぜました。人口のノリを使用しているものと比較して、伸び具合が違うと思いました。

【時間が思った以上にかかる!!】
ペンキだったら1時間で終わる範囲が、一日はかかりました。
.
.
最初は初めての事だったので新鮮で、楽しく塗っていたのですが、半分をすぎた5日目あたりから無の境地に。
夫にも頼み込んで手伝ってもらうことに。

後半の3日間は、正常ではもはややってられなく、ビール片手に夫婦二人で塗っていました 爆

挙げ句の果てに下の子が熱を出してしまい、保育園を休んだのですが、そんな中でも塗り続けました!もやは執念。。。

この子供と一緒に写っている写真、今思うと相当シュールな光景ですね 笑
.
.
娘たちには、真顔で「おかあさんっていつも壁を塗っているね」と言われる羽目に。
.
.
とにかく激しい筋肉痛。

お酒を買いに行く意外ずっと塗り続けるという、引きこもりの生活。

漆喰を触りすぎて指紋がすり減り、携帯の指紋認証ができず。

着替えるという概念が消えて、同じ作業服を10日間着続けるという、ある種の崩壊。

もはや人として機能していませんでした 笑

計10日間を経て、ようやく完成!!!!!

受験合格や、結婚式当日よりも、何よりも人生で一番嬉しかったのを覚えています!!!

それを終えての撮影、パンフレット制作。
本当に満足のいくものが仕上がりました。

実際に撮影したものがこちら。

上から玄関、寝室、階段、リビングです。
.
.
パンフレットは、A6のポケットサイズにしました。
合計24ページと見応えがあります。
こちら、絵をご購入くださった方に差し上げているのですが、大変ご好評をいただいております。
.
.
.
やはり思うのは、こだわりをどこまで現実的に形にできるのか。
人間って自分が思っている以上にやれることが多いのだなと。
ただやらないだけ。
.
.
本当に、カモコラージュを通して自分は成長していのだなと感じています。
これからも、何歳になっても色々な事に立ち向かい、チャレンジしていきたいなと思っています。